ウィリアム・R・スミス

ぽってりとした蕾がかわいい。クリーム色だが裏にうっすらピンクの筋が見える。
f0065114_22493778.jpg

咲き始め、アイボリーに近いクリーム色。ピンクはまだのって来ない。
f0065114_22445259.jpg

開いてから3日目やっとピンクが乗ってきた。大輪で見ごたえのある存在感のある花。
この後、更に3日程咲いていた。花持ちが良い方だと思う。
f0065114_22503958.jpg

斜め後ろから、色っぽいかも~。
樹形はやや横張りですが、あまり大きくならない(我家は鉢植え)ように思います。
f0065114_22561822.jpg

[PR]
# by rose-oko | 2006-02-22 23:11 | Trackback | Comments(0)

ホワイト・メイディランド

仏、メイアン社の薔薇。樹形は半ツル性で、京成バラ園のカタログでは修景薔薇として紹介されています。
枝は低く伸びて、伸びた枝の先に沢山の蕾をつけて満開時は見ごたえアリ。
我家では高さ50センチ位の植え込みから下に枝垂れるように咲いています。
花は雨に弱く、蕾の時に雨に当たると開かなかったり、茶色に変色するので、
枝先をルーフバルコニーの中に誘引するなど、
花に光が当たりつつ、雨が直接あたらない場所で育てることをお勧めします。
雨に弱いことを除いては、丈夫で◎の薔薇です。
f0065114_2174114.jpg
f0065114_2175390.jpg
f0065114_2182914.jpg
f0065114_21324250.jpg

[PR]
# by rose-oko | 2006-02-21 21:31 | Trackback | Comments(0)

ファンタン・ラトゥール

Cetifoliaのcentiは『100あるいは非常に多い』という意味だそうで、多くの花びらを持つという意味があるそうです。~オールド・ローズ花図譜 野村 和子著より~
その言葉が示す通り、ファンタン・ラトゥールはとても花びらが多い薔薇です。
蕾はとても小さくて、こんなに沢山の花びらが、いったいどこに収まっているんだろうと思うくらいなんですよ。
蕾の期間がとても長いように感じます。
f0065114_1926085.jpg

少しづつ開いて…
f0065114_19271651.jpg

f0065114_19275926.jpg

開ききってもとても美しい花型を保ち続けます。
f0065114_19293330.jpg

3日程で退色して少し淡くなります。
f0065114_19282818.jpg

この後散りますが、散っていく姿も美しい薔薇です。
[PR]
# by rose-oko | 2006-02-19 19:34 | Trackback | Comments(2)

コンテ・ドゥ・シャンパーニュ

2005年5月に国際薔薇とガーデニングショーで買ってきました。
買ってきてすぐに蕾を持ったので、どうしても見たくて咲かせてしまいました。
樹の成長を第一に考えてすぐに切花に…。
f0065114_21355376.jpg

室内で一日置いたら、アプリっぽい何とも言えない素敵な色合いになりました。
外での花色より、こちらの方が好みです。
f0065114_21362861.jpg

こちらは、夏の画像。白っぽい花色で咲きました。
f0065114_21373765.jpg

大きな樽にいきなり植えてしまったので、摘蕾をしたにもかかわらず、その後の成長が良くありません。
やはり、徐々に大きな鉢にしていった方が良いみたいです。
大きくなることがわかっている薔薇は、初めから大きな鉢に植えたくなりますが、
小さな赤ちゃんに、大人の服を着せるような物なんですね~。


☆薔薇の季節まであと三ヶ月チョット。それまで、以前UPした画像に未公開の画像をミックスさせながら少しずつ更新していきたいと思います。☆
[PR]
# by rose-oko | 2006-02-17 22:02 | Trackback | Comments(4)

オールド・ファンタジー

近所のホームセンターで、ビニールポットに植えられ白プラ鉢に入って売られてました。
確か700円前後だったかな。
ふわふわとした優しい雰囲気が素敵でつい買ってしまいましたが、
これがなかなか良い買い物でした。
花持ちがとっても良いのです。
葉は細長く艶があってきれいだし、枝は横に低く広がる感じ。
ミニバラとして売られていただけあって、丈は大きくなりません。
上に伸びている枝でも30cm位です。
棘もほとんどなくて気軽に切花にできますよ。
そうそう、真冬なのに花をつけているの。小さいのにけなげ。
画像は春のものです。冬は薄いピンクになります。
f0065114_21571935.jpg
f0065114_21573833.jpg
f0065114_21584824.jpg

[PR]
# by rose-oko | 2006-02-16 21:58 | Trackback | Comments(0)

シャルロット

5年ほど前に一番初めに庭に植えた記念すべきER。
京成薔薇園にて苗を購入。
成長がとても良いと思います。
冬の剪定で大人の膝上位の高さで剪定すると
春、我家では(千葉南部)視線の高さにたくさん花をつけてくれます。
一株でも、たわわに咲いている感じがありますが、樹自体はさほど横張りにならず
作りやすい樹形です。
花は透明感のある黄色で、飽きが来ない色合い。
開花して時間がたつと段々淡いクリーム色へと変わって行きます。
丈夫で、手があまり掛からないと思います。
こちらは春の画像。
f0065114_23592990.jpg

f0065114_025737.jpg

f0065114_041492.jpg

f0065114_026020.jpg

こちらは、秋の花。花びらの数は春に比べて少なくなりますが、
花色は、更に透明感がまします。
f0065114_0101387.jpg

[PR]
# by rose-oko | 2006-02-15 00:27 | Trackback | Comments(0)

アルベリック・バルビエ

梶みゆきさんの自宅のコンクリの壁ににびっしりと花をつけるバルビエの写真をみたとたんにこれだ!と思いました。
小さくてきれいな照り葉。花はクリーム色の蕾から白へと変わっていき日陰にも強いそうです。我家の門扉は北向きで我家の顔というべきこの場所は花の栽培には適さず、殺風景な場所。
とても花好きの家主が住んで居そうに見えません。5メートルは伸びるというこの薔薇が我家の塀や、北側の窓辺をいつか覆ってくれる日を夢見て…。

これは我家のバルビエ。相原さんからやってきました。
きれいに葉を落として石灰硫黄合剤を先月散布。
もう一度散布したかったが、ご覧の通り芽が出始めてしまった。
f0065114_195139.jpg

f0065114_19512248.jpg

[PR]
# by rose-oko | 2006-02-08 22:58 | Trackback | Comments(1)