鉢の庭から薔薇と宿根草の庭へ

薔薇の熱におかされて
集めた鉢植えの薔薇で庭がいつしか満杯状態に。。。
二世帯住宅に住む私のテリトリーは
家の西側、玄関前の猫の額の前庭。
そこに、ずらっと鉢植えのバラが並んでいました。
薔薇を育てて10年が経ち、ようやく、ここ(房総)に馴染むバラがわかってきました。
当たり前だけど、好きな薔薇がすべて私の庭できれいに咲いてくれるわけではなく
何度リベンジしても枯れてしまうものもあります。
10年は勉強のための期間。。これからやっと庭造りを始めることになりました。
目指しているのは、すっきり系の薔薇と宿根草の庭。
薔薇は、ペットのことやこれから嫁ぐであろう(笑)娘たちが
いつか孫を連れてくることを考えて
棘の少ない品種をメインに地植えします。
これから、年を取っていくことも考えて手入れの簡単さも大切な要素です。
まずは基本中の基本、土壌改良から始めます。
これは、鉢が並んだ去年の春の前庭の様子。
f0065114_2022214.jpg

今日、一日の作業で鉢置場はこんな風になりました。(二階から見た様子)
鉢をすべて両脇によけて敷石をはがし、
耕運機の刃が折れそうになるほどのカチカチの土を根気よく耕しました。
耕運機担当はおじいちゃん。(私の父)
向かって左側の掘り起こした部分はコンクリートの塊があり
家庭用耕運機ではもう無理なので手掘りをしながら塊をひとつひとつ取り除きました。
人力作業は主人の協力なしではできなかったかな。
ホントにありがとうね。
掘り起こした土にビニールシートをかけて本日はここまで。。。。
ゆっくりですが、家族皆が憩える理想の庭を楽しみながら手作りしたいと思っています。
f0065114_2051568.jpg

[PR]
by rose-oko | 2012-11-10 20:48 | 庭作り
<< 薔薇友さんの秋バラ 多肉のリース作り~作成途中編①~ >>